キーワード検索

※ しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。

リソース情報

タンパク質産生・遺伝子発現用ベクター
  E. coli 利用
  T. thermophilus 利用
  S. pombe 利用
  S. cerevisiae 利用
  哺乳動物細胞発現ベクター

リサーチツール
  ゲノム編集
  蛍光タンパク質
  ルシフェラーゼリソース
  可視化リソース

クローンセット&ゲノムDNA
  Genomic clone
  cDNA clone
  Expression clone
  Libraries
  微生物株由来ゲノムDNA
  マウス系統由来ゲノムDNA

組換えウイルス
  組換えアデノウイルス
  組換えウイルス産生用シャトルベクター

Gene Set Collection
  Autophagy
  Circadian Clock
  Notch Signaling
  Sphingolipid Signaling

検索&リスト
  キーワード検索
  遺伝子の一覧表
  トピックスの一覧表
  おすすめのリソース
  Dnacondaのおすすめ
  由来生物種別リソース
  寄託者リスト

クロンテック社との、 蛍光タンパク質DsRed2とmCherryの学術利用目的の保存と提供に関するLIMITED USE LICENSE締結

BRCからのお知らせ

rdb05956ja


CMV tag vectors

Catalog num. Name of clone Description of resource
RDB02136 S-HA-pRc/CMV Expressing HA-tagged fusion protein, CMV promoter
RDB02139 D-HA-pRc/CMV Expressing a fusion protein tagged with duplicated HA, CMV promoter
RDB02137 S-T7-pRc/CMV Expressing T7-tagged fusion protein, CMV promoter
RDB02138 D-T7-pRc/CMV Expressing a fusion protein tagged with duplicated T7, CMV promoter
RDB02140 S-Myc-pRc/CMV Expressing Myc-tagged fusion protein, CMV promoter
RDB02141 D-Myc-pRc/CMV Expressing a fusion protein tagged with duplicated Myc epitopes, CMV promoter

これら6クローンは、竹本佳弘先生により開発され、DNA Cell Biol 1997 Jul;16(7):893-896に発表された哺乳動物細胞発現ベクターである。ヒトサイトメガロウイルス由来のプロモーター(CMV promoter)を搭載していて、NotIサイトに目的遺伝子のORFを挿入することにより、エピトープでtaggingされた目的遺伝子の発現プラスミドが得られる。エピトープにはHA、T7、Mycが選択可能であり、それぞれ1コピーおよび2コピーのタグが用意されている。これら6クローンのNotIサイトは共通の読み枠にあるので、NotIを利用したベクター乗り換えも可能である。(理研BRC・遺伝子材料開発室)
Sequence of MCS (pdf)


pRSV_S-FLAG

Catalog num. Name of clone Description of resource
RDB06083 pRSV_S-FLAG Expressing FLAG-tagged fusion protein, RSV promoter

哺乳動物細胞発現ベクターpRSV_S-FLAGはpRc/RSVより改変したベクターであり、RDB 5956 pCMV_S-FLAGのバリアントである。レトロウイルス由来のプロモーター(RSV promoter)を搭載していて、NotIサイトに目的遺伝子のORFを挿入することにより、FLAGエピトープ (Met-DYKDDDDK)でtaggingされた目的遺伝子の発現プラスミドが得られる。制限酵素により切出した断片によるクローニングの他、NotI サイトをklenow enzyme で平滑化し、そこに第1コドンのATGから始まるPCR断片を組込むことも可能である。ただし、ATGGとなる配列で始まるPCR断片を組込むとGCGGCCATGGとなり、NcoIサイト(CCATGG)ができるので注意が必要である。このような場合は、第2コドンから始まるPCR断片を作製されることをお勧めする。タグの配列の翻訳開始点にはKozakのconsensus 配列 (CACCATG)がある。またここにあるNcoIサイト(CCATGG)のATGと同じ読み枠でタグの配列が続くので、NcoIサイトを利用して切出すことで、多くの大腸菌発現ベクターに同じ読み枠で載せ換えることも可能である。この配列のすぐ上流にはEcoRI サイトがあるので、タグのついた配列を切出し、アデノウイルスベクター (pAxCAwtit2など)に載せ換えることも可能である。pRSV_tagベクターシリーズは、ネオマイシン耐性遺伝子を搭載したベクターであり、薬剤による導入細胞の選択が可能である。(理研BRC・遺伝子材料開発室)


pCMV_s-FLAGc

Catalog num. Name of clone Description of resource
RDB07396 pCMV_s-FLAGc Destination vector to generate eukaryotic expression vector, with FLAG-tag

哺乳動物細胞発現ベクターpCMV_s-FLAGcはpCMV_S-FLAG (RDB 5956)より改変したCMV promoterによる発現ベクターである。Gateway(R)テクノロジーにより、Gateway(R)エントリークローンにクローニングされている遺伝子断片を容易にこのpCMV_s-FLAGcに載せ替えることができる。ネオマイシン耐性遺伝子を搭載したベクターであり、薬剤による導入細胞の選択が可能である。(理研BRC・遺伝子材料開発室)


pCMV_S-FLAG

Catalog num. Name of clone Description of resource
RDB05956 pCMV_S-FLAG Expressing FLAG-tagged fusion protein, CMV promoter
RDB06324 pCM1_s-FLAG Expressing FLAG-tagged fusion protein, mutated CMV promoter
RDB06325 pCM2_s-FLAG Expressing FLAG-tagged fusion protein, mutated CMV promoter
RDB06326 pCM3_s-FLAG Expressing FLAG-tagged fusion protein, mutated CMV promoter
RDB06072 pCMFlag_lacZ Expression vector of lacZ, with FLAG-tag, control vector
RDB06071 pCMFlag_EGFP Expression vector of GFP, with FLAG-tag, control vector

哺乳動物細胞発現ベクターpCMV_S-FLAGはpRc/CMVより改変したベクターである。ヒトサイトメガロウイルス由来のプロモーター(CMV promoter)を搭載していて、NotIサイトに目的遺伝子のORFを挿入することにより、FLAGエピトープ (Met-DYKDDDDK)でtaggingされた目的遺伝子の発現プラスミドが得られる。制限酵素により切出した断片によるクローニングの他、NotI サイトをklenow enzyme で平滑化し、そこに第1コドンのATGから始まるPCR断片を組込むことも可能である。ただし、ATGGとなる配列で始まるPCR断片を組込むとGCGGCCATGGとなり、NcoIサイト(CCATGG)ができるので注意が必要である。このような場合は、第2コドンから始まるPCR断片を作製されることをお勧めする。タグの配列の翻訳開始点にはKozakのconsensus 配列 (CACCATG)がある。またここにあるNcoIサイト(CCATGG)のATGと同じ読み枠でタグの配列が続くので、NcoIサイトを利用して切出すことで、多くの大腸菌発現ベクターに同じ読み枠で載せ換えることも可能である。この配列のすぐ上流にはEcoRI サイトがあるので、タグのついた配列を切出し、アデノウイルスベクター (pAxCAwtit2など)に載せ換えることも可能である。pCMV_tagベクターシリーズは、ネオマイシン耐性遺伝子を搭載したベクターであり、薬剤による導入細胞の選択が可能である。
pCM1_s-FLAG、pCM2_s-FLAGならびにpCM3_s-FLAGは、pCMV_S-FLAGのCMVプロモーター上にあるTGACTCAに塩基置換を施した変異プロモーターを持つ。
RDB 5956 pCMV_S-FLAG ATA GCG GTTTGA CTC ACG GGG
RDB 6324 pCM1_s-FLAG ATA GCG GTT TGC CTCGCG GGG
RDB 6325 pCM2_s-FLAG ATA GCG GTT AGA CTC CCG GGG
RDB 6326 pCM3_s-FLAG ATA GCG GT TGC CTC GCG GGG
(理研BRC・遺伝子材料開発室)

map of RDB05956

 


ベクターの使用例

GFPならびにlacZ発現ベクターの構築

  1. pCMV_S-FLAG (RDB 5956)をNotI 消化後klenow enzyme により平滑化し、アガロースゲル電気泳動を行い、約5.5 kbpのDNA断片を回収した。
  2. pEGFP-C1 (Clontech)ならびにpcDNA4/HisMax/lacZ (Invitrogen)のGFPならびにlacZのORFをPCRにより増幅した。
  3. このPCR産物を消化済みpCMV_S-FLAGにDNA Ligation kit ver.1 (Takara)を用いてライゲ-ションした。
  4. 大腸菌コンピテントセルDH5 alpha に導入し、アンピシリンを含むLBプレートに播き、形質転換体を得た。
  5. 得られたコロニーをLB Amp液体培地にて培養し、培養細胞導入用のプラスミドを調製した。

Primer配列
GFP primer
GFP_F 5′-ATGGTGAGCAAGGGCGAGGAG -3′
GFP_R 5′-TTATCTAGATCCGGTGGATCC -3′
lacZ primer
lacZ_F 5′-GATCCCGTCGTTTTACAACGT -3′
lacZ_R 5′-TTATTTTTGACACCAGACCAA -3′

 

GFP、beta-galactosidaseならびにFLAGタグの検出

本ベクターを用いた遺伝子導入、顕微鏡観察ならびにウエスタンブロッティングによるGFP、beta-galactosidaseならびにFLAGタグの検出は、ラボマニュアル発現ベクターの使用をご覧ください。


提供形態ならびに提供申込方法

  • 個別のクローンをDNA溶液 (TE buffer)でお送りします。

生物遺伝資源提供依頼書類の入手と記入

次の書式に記入してください:

  • 書式A
    書式A (遺伝子材料提供依頼書) [Word]1部
  • 書式C
    • 提供制限欄には、クローン毎にウェブカタログをご参照いただき、記入をお願いいたします

    書式C (生物遺伝資源提供同意書, MTA) 非営利学術目的用 [Word]

    書式C (生物遺伝資源提供同意書, MTA) 営利目的用 [Word]
    2部
  • その他の書式
      提供承諾書(書式D)(クローンにより、必要な場合があります) 1部
  • 書類の送付とお問い合わせ

    • 書面をカラースキャンしたPDFファイルをemailにてお送りください。
      紙面で公印またはサインが必要な場合は、後日、原本2部をご郵送ください。
      なお、手続き完了した書類は、お送りいただいた方法でお届けいたします。

    • 書類の送付先、問い合わせ先
      〒305-0074  茨城県つくば市高野台3-1-1
        理化学研究所バイオリソース研究センター
        遺伝子材料開発室
        E-mail: dnabank.brc@riken.jp
        TEL: 029-836-3612 (平日の9:00~12:00 / 13:00~17:00)
        FAX: 029-836-9120

    • 提供申込の前に、「申込書類の記入と送付」「ご利用にあたって」「遺伝子材料の品質管理」をご覧ください。

    • 書式の詳細は「申込みに必要な書式」をご覧ください。

  • 提供手数料:(1本あたり)
    非営利学術目的8,640円
    営利目的17,280円
    • 提供手数料は非営利学術目的利用と営利目的利用で異なります。「非営利学術目的利用」および「営利目的利用」の区分ならびに「提供手数料」は、「提供手数料一覧」をご参照ください。
    • 請求書は遺伝子材料発送とは別に送付いたしますので、指定の銀行口座にお振込みください。 特別な様式の請求書・納品書・領収書を必要とされる場合は、申込の際にその様式の書類を必ず同封して申込みください。 振込み手数料につきましては、依頼者負担にてお願い致します。
  •  
    (GRP0049, 2015.06.04)
    2018.03.04