提供手数料と支払方法

提供手数料

2019年10月1日以降の提供手数料等は以下のとおりです。
提供手数料等は予告なく変更されることがあります。

遺伝子材料 単位 手数料(税込み)
非営利学術目的 ※1
手数料(税込み)
営利目的 ※2
クローン及び菌体 ※3 ※4 8,440円 16,880円
組換えウイルス 32,700円 65,400円
ライブラリー 32,700円 65,400円
微生物ゲノムDNA (1μg) ※4 16,600円 33,200円
マウスゲノムDNA (生体維持系統) (10μg) ※4 24,400円 48,800円
マウスゲノムDNA (凍結胚復元個体) (10μg) ※4 110,200円 220,400円
マウスゲノムDNA (凍結精子復元個体) (10μg) ※4 167,000円 334,000円
寄託者調製済み試料 (分注のみ) ※4 4,470円 8,940円
S. pombe ORFenomeクローン
52枚組全セット(菌体)
セット 868,400円 1,736,800円
Thermus thermophilus発現プラスミド
23枚組全セット(DNA)
セット 1,504,200円 3,008,400円
  • 別途、リソースの送料及び箱代等が加算されます。
  • 「Gateway®テクノロジー」を用いた哺乳動物cDNAを搭載した発現ベクターには、ライセンス料相当額(1本あたり1,250円)が加算されます。また、営利機関での利用の際には別途Life Technologies社との契約が必要です。「ライセンスのお知らせ [link]」
  • クロンテック社(現Takara Bio USA, Inc.(TBUSA))の蛍光タンパク質遺伝子等を含む遺伝子材料には、1株あたりライセンス料相当額(8,250円)が加算されます。「ライセンスのお知らせ [link]」

※1 「非営利学術目的」とは、「非営利機関」による、非営利学術研究のためのバイオリソースの利用です。第一種生物遺伝資源提供同意書を使用します。

  • 「非営利機関」とは、大学及び国公立の試験研究機関(独立行政法人を含む)、高等専門学校、公益財団等、医療法人、教育機関(専門学校等を含む)です。
  • 「営利機関」とは、民間企業等、上記以外の研究機関です。

※2  「営利目的」とは、以下に該当するバイオリソースの利用です。第二種生物遺伝資源提供同意書を使用します。

  • 営利機関での利用
  • 非営利機関と営利機関との共同研究での利用
  • 非営利機関による営利機関からの委託研究での利用
  • 非営利機関による営利を目的とした研究開発(特許等の取得を目的とした研究開発を含む。)での利用

※3 クローン及び菌体には、cDNAやBAC等の個別クローン、ベクター、及び宿主微生物株等を含みます。
※4 「クローンおよび菌体」「ゲノムDNA」「寄託者調製済み試料 (分注のみ)」は、同一手数料の材料について一度のお申し込みが20~49本の場合は20%、50本以上の場合は25%の割引が適用されます。

お支払いについて

  • 請求書は遺伝子材料には同梱しておりません。
  • 遺伝子材料の発送後、1週間程度で発行いたします。
  • 支払いについての詳細は「支払方法」をご覧ください。

(frmfeej 2013.04.01 T.M.)

2021.09.29



コメントは受け付けていません。