バイオマス工学研究用リソース

植物系バイオマスの糖化酵素遺伝子クローン

当開発室ではバイオマス工学研究用リソースとして、ベクターに組込み済みの糖化酵素遺伝子クローンを提供しています。

糖化酵素遺伝子クローンの特徴

本リソースは、糸状菌 Trichoderma reesei (Hypocrea jecoria) 及び、超好熱性古細菌 Pyrococcus属菌のゲノム情報を元に、PCRで得た遺伝子をpBlueScript II SK、ならびに大腸菌発現用ベクターであるpET21c、pET25bに組込んだクローンです。

  • セルロース分解酵素など、植物バイオマスの糖化に関する酵素遺伝子クローンを提供しています。
  • 酵素遺伝子は微生物ゲノム情報を元に選択しました。
  • 酵素遺伝子は、大腸菌での発現検討が可能なベクターにクローニングしています。
  • 大腸菌でのタンパク質の発現結果、精製したタンパク質の酵素活性の測定結果を公開しています。

酵素活性測定結果 例)

  • Trichoderma reesei 由来のEgl2酵素: RDB08289使用

     ⇒ タグ精製タンパク質量当たり、21.4 U/mg (至適温度 55℃)

  • Pyrococcus horikoshii 由来のPH1171酵素(セルラーゼ): RDB08962使用

     ⇒タグ精製タンパク質量当たり、9.2 U/mg (至適温度 90℃)

 

生物種別リスト

 

酵素種別リスト

 

クローニングベクター別リスト

ベクターの種類による違いについて

  • pET21cクローン: 菌体内発現用クローンで、シグナル配列を除き、N末端にT7 tag、C末端にHis tagを付加するようにデザインされています
  • pET21c HATクローン: 菌体内発現用クローンで、シグナル配列を除き、N末端にHAT tagを付加するようにデザインされています
  • pET25bクローン: 菌体外分泌用クローンで、C末端にHSV tagとHis tagを付加するようにデザインされています
  • pBlueScript II SK: タンパク質をコードする遺伝子全領域を含んでいます

提供形態ならびに提供申込方法

  • クローンはDNA溶液 (TE buffer)でお送りします。

生物遺伝資源提供依頼書類の入手と記入

次の書式に記入してください:

提供手数料:(1本あたり)

非営利学術目的8,440円
営利目的16,880円
  • 別途、リソースの送料及び箱代等が加算されます。
  • 提供手数料は非営利学術目的利用と営利目的利用で異なります。「非営利学術目的利用」および「営利目的利用」の区分ならびに「提供手数料」は、「提供手数料一覧」をご参照ください。
  • 請求書は遺伝子材料発送とは別に送付いたしますので、指定の銀行口座にお振込みください。 特別な様式の請求書・納品書・領収書を必要とされる場合は、申込の際にその様式の書類を必ず同封して申込みください。 振込み手数料につきましては、依頼者負担にてお願い致します。
  • 2019年10月1日から提供手数料を改定しました [link]

 

(GRP0010j 2015.06.03 N.N., S.K.)

2018.11.15




コメントは受け付けていません。