キーワード検索

※ しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。

リソース情報

タンパク質産生・遺伝子発現用ベクター
  E. coli 利用
  T. thermophilus 利用
  S. pombe 利用
  S. cerevisiae 利用
  哺乳動物細胞発現ベクター

リサーチツール
  ゲノム編集
  蛍光タンパク質
  ルシフェラーゼリソース
  可視化リソース

クローンセット&ゲノムDNA
  Genomic clone
  cDNA clone
  Expression clone
  Libraries
  微生物株由来ゲノムDNA
  マウス系統由来ゲノムDNA

組換えウイルス
  組換えアデノウイルス
  組換えウイルス産生用シャトルベクター

Gene Set Collection
  Autophagy
  Circadian Clock
  Notch Signaling
  Sphingolipid Signaling

検索&リスト
  キーワード検索
  遺伝子の一覧表
  トピックスの一覧表
  おすすめのリソース
  Dnacondaのおすすめ
  由来生物種別リソース
  寄託者リスト

クロンテック社との、 蛍光タンパク質DsRed2とmCherryの学術利用目的の保存と提供に関するLIMITED USE LICENSE締結

BRCからのお知らせ

塩基配列解析


塩基配列解析 その1

■ 塩基配列。かつてはアイソトープを使い、ATGCそれぞれの反応産物をゲルに流し、職人的ともいえる技で薄く長いゲルをろ紙に貼り付け、X線フィルムに焼きつけたラダーを達人の技で読んでいました。その頃に比べると、信じられないほど簡単にシークエンス反応ができるようになりました。さらに、キャピラリ電気泳動の登場によってゲル作りと終わった後のゲル板洗いからも解放されました。しかし、昔とかわらず、シークエンスがうまくいかないことが今でもあります。今回は実際にあった、“簡単な工程を入れるだけでシークエンスが読めるようになった話”をします。当バンクでは複数メーカーのシークエンサーを使っていますが、今回はその中のキャピラリ方式のシークエンサーを使いました。
■ 大きさ46kbのコスミドベクターに、ある遺伝子2kbをクローニングした後、インサートDNAの配列を確認すべくベクター側からのプライマーを用いてシークエンスをしました。前後両方向読もうとしたのですが、後ろからのシークエンスは読めたのに、前からのシークエンスがどのクローンも全く読めませんでした。Raw dataを見てみると、シークエンスの反応自体がうまくいっていない様子。ベクターとプライマーの相性が悪くて反応がいかないのではないか? はじめて使用するプライマーだったため、伸長反応に問題はないか、シークエンスに用いたコスミドを鋳型に、成功した後側からのプライマーと失敗した前側のプライマーでインサートのサイズのバンドが増幅されるかPCRをかけてみました。するとPCR産物はきれいなシングルバンドで量も充分に増えました。プライマーの相性は問題なく、また内部に走り辛い配列もなさそうです。
■ よく行われる手法で、GCリッチの場合DMSOを1%加えるのが知られていますので、読めたらと思い試してみました。シグナルは出るようにはなったのですが、全体にピークが乱れていて、塩基間のシグナルの分離がうまくいかず読めませんでした。
■ 次に、“Pre-heat”を試してみました。通常シークエンス反応を行う際、最初に全ての材料を加え反応液を調製しサーマルクライマーで反応をかけますが、プレミックス(酵素、dNTPS 、反応バッファーなど)とプライマーを入れる前に、template DNAと水のみでpre -heat(96℃ 3分→on ice)させるという工程です。実はこの工程はシークエンサーメーカーの添付マニュアルに書いてあったのですが、他社のシークエンス試薬の説明書にはなく、今までシークエンスを読むのに不自由を感じていなかったため、“Pre-heat”は行わず反応させていました。しかし今回は、後ろは読めたのに前が読めない、プライマーと鋳型の相性は問題なさそう、そしてDMSOの効果も思わしくない。もしこれが効いたら…と、半信半疑で試してみました。
■ Template DNAと水のみでpre-heat(96℃ 3分→on ice)その後、プレミックス(酵素、dNTPS 、反応バッファーなど)とプライマーを入れサーマルクライマーで反応させました。以前と同様に反応条件は96℃ 20秒-63.4℃ 4分×50サイクルで行いました。結果は…? 成功。この工程“Template DNAと水のみでpre-heat”を挟んだだけで、読めなかった前側プライマーでコスミドのシークエンスがきれいに読める様になりました!なぜか読めないクローンをお持ちで、“Pre-heat”を行っていない場合は是非試してみて下さい。クローンの全長が10kb以下のプラスミドDNAの場合、pre-heatは96℃ 1分程で良いようです。(K.I.)
(Mail News 2005.10.02 掲載記事より)

塩基配列解析 その2

■ 困ったことになりました。市販のT7 プライマーでシーケンス反応をかけてみたけど、全く反応が進んでない様子。プライマーのチューブには確かにT7 primer と書かれている。ベクターのマップには確かにT7 promoter と書いてあるしプライマーサイトもアンダーラインで明示されている。しばらく前に別のクローンを解析した時は、問題なく配列が読めたのに、どうして?
■ そこで、てもとのカタログを開き、市販のプライマーとベクターの配列を調べてみました。ここに掲載したプライマーとベクターは、たまたまてもとにあったカタログから抜粋したもので、これが良いとか悪いとかということを言いたいわけではありません。悪しからず。また、ここに掲載していない別の配列例があるかもしれません。

プライマー配列
5′ GTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG CGA 3′ T7HT Toyobo
5′ GTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG C 3′ T7 22-mer Stratagene
5′ TA ATA CGA CTC ACT ATA GGG 3′ T7 Promega
5′ TA ATA CGA CTC ACT ATA GGG 3′ T7 Takara
5′ TA ATA CGA CTC ACT ATA GGG 3′ T7 Novagen
5′ A ATA CGA CTC ACT ATA G 3′ T7 17-mer Stratagene

ベクター配列(T7 近傍)
5′ CAG TGA ATT GTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG CGA 3′ pGEM-3Zf+
5′ CAG TGA ATT GTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG CGA 3′ pBluescript SK
5′ TGA GCG CGC GTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG CGA 3′ pBluescriptII SK
5′ CAG TGA ATT GTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG CGA 3′ pBK-CMV
5′ TGA GCG CGC GTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG CGA 3′ pBC KS
5′ CGC GGC CGC GTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG CGA 3′ lambda DASHII
5′ CCG CGA GCT CTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG CGT 3′ lambda FIXII
5′ TTG GCT GCA GTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG CTC 3′ pBD-GAL4
5′ CGC CAA GCT CTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG AAA 3′ pTZ19R
5′ TTA TCG AAA TTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG AGA 3′ pCDNA3
5′ CGC CAA GCT CTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG AAA 3′ pSport1
5′ CGC CAA GCT CTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG AAA 3′ pT7Blue
5′ CAG TGA ATT GTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG CGA 3′ pCITE
5′ CCC GCG AAA TTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG AGA 3′ pET3
5′ CCC GCG AAA TTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG GAA 3′ pET15b
5′ CCC GCG AAA TTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG GAA 3′ pETBlue-1
5′ GGA CCG AAA TTA ATA CGA CTC ACT ATA GGG GAA 3′ pTriEx-1.1

■ こうやって眺めてみると、T7 プライマーと呼ばれているプライマーの間で配列が異なっていることが分かりますし、ベクターのT7 プライマー領域の配列にも違いがあることが分かります。さらに、プライマーの5′ や3′ の配列がベクターとマッチしない組み合わせがいくつかあります。特に、3′ ミスマッチの組み合わせでは、シーケンス反応がうまく行かないだろうことは容易に想像できます。
■ 有名なプライマーと有名なプライマー領域ですが、ただ「名前」という情報だけで判断するのでなく、そのプライマーとベクターの組み合わせが自分の実験に適しているかどうか、いま一度、「配列」も見直して実験を組んで下さい。(T.M.)
(Mail News 2006.03.25 掲載記事より)