キーワード検索

 Keywords  
※ しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。

リソース情報

クロンテック社との、 蛍光タンパク質DsRed2とmCherryの学術利用目的の保存と提供に関するLIMITED USE LICENSE締結

遺伝子発現用・タンパク質産生用クローン&ベクター
  Promoter collection
  Epitope tag fusion clones
  SEREX cDNA クローン
  HLA antigen cDNA clone
  Nakamura & White RFLP clone

遺伝子解析のためのリソース
  培養微生物
  哺乳動物培養細胞
  実験動物個体
  試験管内実験

クローンセット&関連リソース
  Genomic clone
  cDNA clone
  Expression clone
  Libraries
  Others

生物種別リソース
  ヒト、マウス、ラット等哺乳動物
  ツメガエル、ホヤ等その他動物
  酵母・糸状菌
  微生物
  植物

組換えウイルス
  組換えアデノウイルス
  組換えウイルス産生用シャトルベクター

ゲノムDNA
  微生物株由来ゲノムDNA
  マウス系統由来ゲノムDNA

クローン検索
  キーワード検索
  寄託者リスト
  Gene Set Collection

BRC-JCM保有株由来ゲノムDNA


概要

理研バイオリソースセンター(BRC)遺伝子材料開発室ならびに理研BRC微生物材料開発室(JCM)では、BRC-JCMに保存されている微生物株由来ゲノムDNAを提供しています。
両材料開発室は、クローンならびに微生物株の提供機関としてそれぞれ世界的な事業を展開しており、本事業は協力体制の下で行う事業です。
これからも、皆様からのご意見を取り入れ、提供対象リソース数を徐々に増やしていく予定です。
ご利用可能なゲノムDNAのリストはこちらをご覧ください。

生物遺伝資源提供依頼書類の入手と記入

次の書式に記入してください:

  • 書式A
    1. カタログNo. 欄にはJGDから始まる8文字の記番号を記入して下さい

    書式A (遺伝子材料提供依頼書) [PDF] [Word]1部
  • 書式C
    1. 書式C の提供条件欄には「ゲノムDNAのリスト」からリンクしたカタログページに記載の条件を記載してください

    書式C (生物遺伝資源提供同意書, MTA) PDF
    [非営利学術目的用] [営利目的用]
    2部
  • 書類の送付と問い合わせ

    • 書面をカラースキャンしたPDFファイルをemailにてお送りください。
      紙面で公印またはサインが必要な場合は、後日、原本2部をご郵送ください。
      なお、手続き完了した書類は、お送りいただいた方法でお届けいたします。

    • 書類の送付先、問い合わせ先
      〒305-0074  茨城県つくば市高野台3-1-1
        理化学研究所バイオリソースセンター
        遺伝子材料開発室
        E-mail: dnabank.brc@riken.jp
        TEL: 029-836-3612 (平日の9:00~12:00 / 13:00~17:00)
        FAX: 029-836-9120

    • 提供申込の前に、「申込書類の記入と送付」「ご利用にあたって」「遺伝子材料の品質管理」をご覧ください。

    • 書式の詳細は「こちら」をご覧ください。

  • 提供手数料:(1株あたり)
    非営利学術目的17,000円
    営利目的34,000円
    • 請求書は遺伝子材料発送とは別に送付いたしますので、指定の銀行口座にお振込みください。 特別な様式の請求書・納品書・領収書を必要とされる場合は、申込の際にその様式の書類を必ず同封して申込みください。 振込み手数料につきましては、依頼者負担にてお願い致します。
    • 提供手数料一覧

微生物DNAの発送

微生物DNAはTEバッファー溶液 (10 mM TRIS pH7.5, 1mM EDTA)をドライアイス梱包でお送りいたします。
提供単位は、培養ロット毎に異なっております。ご了承下さい。概ね50-100 ng/ulです。
微生物ゲノムDNA抽出用の微生物株は、微生物材料開発室(JCM)で培養し、集菌したのちに遺伝子材料開発室に送付されます。培養ロット毎にゲノムDNAを抽出しています。抽出したDNAは吸光度による濃度を測定し、提供量が1μg以上であることを確認しています。また、電気泳動像により、20 kbp以上であることを確認しています。さらに、抽出したゲノムDNAを段階希釈した鋳型により16S rDNA領域のPCR増幅を確認し、塩基配列を決定し、公共データベース上の塩基配列と一致していることを確認しています。
微生物ゲノムDNAの「提供時の品質管理」、「微生物ゲノムDNAの調製」もご覧ください。