キーワード検索

 Keywords  
※ しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。

リソース情報

クロンテック社との、 蛍光タンパク質DsRed2とmCherryの学術利用目的の保存と提供に関するLIMITED USE LICENSE締結

遺伝子発現用・タンパク質産生用クローン&ベクター
  Promoter collection
  Epitope tag fusion clones
  SEREX cDNA クローン
  HLA antigen cDNA clone
  Nakamura & White RFLP clone

遺伝子解析のためのリソース
  培養微生物
  哺乳動物培養細胞
  実験動物個体
  試験管内実験

クローンセット&関連リソース
  Genomic clone
  cDNA clone
  Expression clone
  Libraries
  Others

生物種別リソース
  ヒト、マウス、ラット等哺乳動物
  ツメガエル、ホヤ等その他動物
  酵母・糸状菌
  微生物
  植物

組換えウイルス
  組換えアデノウイルス
  組換えウイルス産生用シャトルベクター

ゲノムDNA
  微生物株由来ゲノムDNA
  マウス系統由来ゲノムDNA

クローン検索
  キーワード検索
  寄託者リスト
  Gene Set Collection

申込みに必要な書式


提供依頼者は、カタログあるいはホームページにより希望のクローンを検索後、下記の書類に必要事項をご記入の上、提供係まで郵送にて書類を送付して下さい。
各々のリソースには利用の条件(寄託者が設けた提供制限、リソースに付随するライセンスの確認等)がございます。
書類の記入についてご不明の点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。


必須書式

必須書式は、書式Aと書式Cの2種類でございます。

書式A 遺伝子材料提供依頼書

遺伝子材料提供依頼書。
学術機関、営利機関共通の書式です。

書式A (遺伝子材料提供依頼書) [PDF] [Word]1部

書式C 生物遺伝資源提供同意書(MTA)

  • 大学ならびに学術研究機関にご所属の方は非営利機関用の同意書(第一種生物遺伝資源提供同意書)をご使用ください。
  • 以下に該当する場合は、営利機関用の同意書(第二種生物遺伝資源提供同意書)をご使用ください。
    • 営利機関
    • 非営利機関と営利機関の共同研究
    • 非営利機関による営利機関からの委託研究
    • 非営利機関による営利を目的とした研究開発(特許の取得を目的とした研究開発を含む)
  • 専用MTAが必要なリソースは、リソース毎に案内しております。カタログあるいはデータシートに案内がない場合は、汎用MTAをご使用ください。
遺伝子材料名 非営利機関用 営利機関用
専用MTA クロンテック社の蛍光タンパク質(DsRed2、mCherry)リソースの場合 [Link]
ゲノムネットワークプロジェクトcDNAクローン [PDF] [Word]
NRCD Human Full-Length cDNAクローン [PDF] [Word]
NIA/NIH Mouse cDNA クローン [PDF] [Word] [PDF] [Word]
S. pombe ORFeomeクローン [PDF] [Word]
CEPH YAC クローン [PDF]
汎用MTA 上記以外のリソース [PDF] [Word] [PDF] [Word]


追加で必要な書式

リソースの提供制限に応じて、追加で必要な書式があります。
「寄託者の承諾が必要な場合」、「ライセンスの確認が必要な場合」、「組換え生物の提供を受ける場合」です。

「寄託者の承諾が必要な場合」

書式 詳細 提依頼前の送付先 寄託者のサイン・押捺 RIKEN BRCへの郵送
提供承諾書(書式D)
[PDF] [Word]
非営利機関、営利機関共通の書式です。
利用の条件が寄託者あるいは樹立者の許可が必要な場合にご使用ください。
承諾を得たのち、写しを当室にお送りください。
※RDB08039 pRBS-EGFPをご利用の場合には、あらかじめ当室にお問い合わせください。専用の書式をご案内いたします。
寄託者に郵送 必要 必要(写し)

「ライセンスの確認が必要な場合」

書式 詳細 RIKEN BRCへの郵送
CAGプロモーターの二次的同意書(書式 E)
[PDF] [Word]
CAGプロモーターを含む組換えウイルス、発現カセットコスミドを使用するときに提出していただきます。 必要
Limited Use Label License: No.19
(GatewayR Cloning Products)
[PDF]
GatewayRテクノロジーにより作製されたクローンは、Limited Use Label License No.19: GatewayR Cloning Products で保護されています。対象となるクローンを使用した時点で、本ラベルライセンスに同意したことになりますことを予めご了承下さい。 不要
オワンクラゲのgreen fluorescent protein (GFP)及びその変異体遺伝子が組み込まれたバイオリソース(GFPリソース)を使用される場合は、「GE Healthcare Bio-Sciences社とのGFP Transfer License 締結のご案内[link]」の内容をお読み頂き、二つの書式、SCHEDULE AならびにSCHEDULE Bをダウンロードしてください。 SCHEDULE Aのみ必要

「組換え生物の提供を受ける場合」

提供を受けようとする遺伝子材料が遺伝子組換え生物の場合は、提供を受ける遺伝子材料を使用する組換え実験計画が所属機関によって承認されていることを確認させていただいております。

※ 提供依頼者は、遺伝子材料の提供を受ける前に、所属機関長による組換え実験計画の承認を受ける必要があります。

※該当する遺伝子材料は次の通りです

  • 組換えアデノウイルス
  • YACクローン(組換え酵母)
  • BACクローン(組換え大腸菌)
  • ライブラリー(組換え大腸菌)
  • NIA マウスcDNAクローンのセットでの提供(組換え大腸菌)
  • S. pombe ORFeomeクローンのセットでの提供(組換え大腸菌)

確認のために、下記いずれかの書類の提出をお願いしています。

様式 詳細
所属機関長が発行した「遺伝子組換え実験承認書」の写し 組換え実験計画が所属機関長により承認されていることが分かる写しをお送りください。
※「遺伝子組換え実験承認書」の写しは、組換え体の運搬状況を報告する際、理化学研究所の安全管理室に提出しています。
遺伝子組換え生物の提供確認書(書式J)
[PDF] [Word]
所属機関発行の「遺伝子組換え実験承認書」の写しを提出できない場合に、必要事項をご記入の上、お送り下さい。
非営利機関、営利機関共通の書式です。

※組換え体の譲渡及び運搬

  • 組換え体の運搬は、「遺伝子組換え生物等規制法」ならびに「理化学研究所筑波研究所遺伝子組換え実験実施安全管理規程」および「理化学研究所微生物等取扱規程」に則り行います。「遺伝子組換え実験承認書」の写しは、組換え体の運搬状況を報告する際、理化学研究所の安全管理室に提出していますことをご留意下さい。

書類の送付先、問い合わせ先

〒305-0074  茨城県つくば市高野台3-1-1
  理化学研究所バイオリソースセンター
  遺伝子材料開発室
  E-mail: dnabank.brc@riken.jp
  TEL: 029-836-3612 (平日の9:00~12:00 / 13:00~17:00)
  FAX: 029-836-9120

(2016.08.01)