キーワード検索

※ しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。

リソース情報

タンパク質産生・遺伝子発現用ベクター
  E. coli 利用
  T. thermophilus 利用
  S. pombe 利用
  S. cerevisiae 利用
  哺乳動物細胞発現ベクター

リサーチツール
  ゲノム編集
  蛍光タンパク質
  ルシフェラーゼリソース
  可視化リソース

クローンセット&ゲノムDNA
  Genomic clone
  cDNA clone
  Expression clone
  Libraries
  微生物株由来ゲノムDNA
  マウス系統由来ゲノムDNA

組換えウイルス
  組換えアデノウイルス
  組換えウイルス産生用シャトルベクター

Gene Set Collection
  Autophagy
  Circadian Clock
  Notch Signaling
  Sphingolipid Signaling

検索&リスト
  キーワード検索
  遺伝子の一覧表
  トピックスの一覧表
  おすすめのリソース
  Dnacondaのおすすめ
  由来生物種別リソース
  寄託者リスト

クロンテック社との、 蛍光タンパク質DsRed2とmCherryの学術利用目的の保存と提供に関するLIMITED USE LICENSE締結

BRCからのお知らせ

S. pombe ORFeome Clones


概要

Schizosaccharomyces pombe ORFeome Cloneは理研吉田化学遺伝学研究室で作製され、吉田稔先生(理研吉田化学遺伝学研究室)より寄託していただいたもので、酵母 (S. pombe) 約4800株のgenomic DNA クローンから構成されています。各々のクローンを提供いたします。

分裂酵母丸ごとのタンパク質を扱う解析系を確立 – ゲノム解析は「情報」から「モノ」へ – (プレスリリース, 2006年6月26日)

タンパク質局在データはS. pombe gene information databaseより入手可能です。

The Schizosaccharomyces pombe Postgenome Database (SPD) contains the results of systematic analysis of protein expression and localization based on fission yeast ORFeome cloning as well as basic information on genes and proteins.
The ORF collection currently covers 99.2% of the fission yeast protein-coding genes and pseudogenes that are reported by the Wellcome Trust Sanger Institute.
 


提供形態ならびに提供申込方法

S. pombe ORFeomeクローンの単クローンを提供いたします。TEバッファに溶解したDNAでお送りします。

クローンにはベクターの異なる次の3種類があります。

  • Entry clone (SpENT)
  • FLAG2-His6-tagged ORF (SpFFH)
  • YFP-FLAG-His6-tagged ORF (SpYFH)

datasheetをご覧下さい。

提供申込み

提供条件は次のとおりです。

  • 利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者の指定する文献を引用する。
    指定文献:(Matsuyama et al., 2006, Nature Biotech., 24, 841-847)
  • 利用者は、研究成果の公表にあたって寄託者への謝辞の表明を必要とする。
  • 利用者が本件リソース又はその派生物の販売を望む場合、書面により、寄託者の事前の承認を得る。
  • 寄託者から要請がある場合、理研BRCは利用者情報のうち研究責任者の氏名ならびにその所属機関名を寄託者に通知する。
  • 本件リソースは学術研究機関にのみ提供し、学術研究にのみ利用することができる。

提供を希望されるクローンは、下記より検索してください。

S. pombe遺伝子 A to Zリスト

次の書式に記入してください:

  • 書式A
    • 「カタログNo.」と「遺伝子材料名」は、次のように記載してください。
      カタログNo. 遺伝子材料名 (遺伝子名)
      SPW000401 SpENT01A01 (SPBC1711.15c)
      SPW080401 SpYFH01A01 (SPBC1711.15c)
      SPW080435 SpYFH01B11 (SPAC16A10.05c)
      SPW040497 SpFFH01E01 (SPCC191.04c)

    書式A (遺伝子材料提供依頼書) [Word]1部
  • その他の書式
      1. GFPリソースの提供に関わる書式
    「SCHEDULE A」[link](YFP-FLAG-His6-tagged ORF (SpYFH)の場合、追加で必要です) 2部
  • 書類の送付とお問い合わせ

    • 書面をカラースキャンしたPDFファイルをemailにてお送りください。
      紙面で公印またはサインが必要な場合は、後日、原本2部をご郵送ください。
      なお、手続き完了した書類は、お送りいただいた方法でお届けいたします。

    • 書類の送付先、問い合わせ先
      〒305-0074  茨城県つくば市高野台3-1-1
        理化学研究所バイオリソース研究センター
        遺伝子材料開発室
        E-mail: dnabank.brc@riken.jp
        TEL: 029-836-3612 (平日の9:00~12:00 / 13:00~17:00)
        FAX: 029-836-9120

    • 提供申込の前に、「申込書類の記入と送付」「ご利用にあたって」「遺伝子材料の品質管理」をご覧ください。

    • 書式の詳細は「申込みに必要な書式」をご覧ください。

提供手数料:(1本あたり)

非営利学術目的8,640円
  • 提供手数料は非営利学術目的利用と営利目的利用で異なります。「非営利学術目的利用」および「営利目的利用」の区分ならびに「提供手数料」は、「提供手数料一覧」をご参照ください。
  • 請求書は遺伝子材料発送とは別に送付いたしますので、指定の銀行口座にお振込みください。 特別な様式の請求書・納品書・領収書を必要とされる場合は、申込の際にその様式の書類を必ず同封して申込みください。 振込み手数料につきましては、依頼者負担にてお願い致します。

遺伝子材料提供の概要


Related information

吉田先生の研究室からは発現ベクターも寄託していただいています。

  • pDUAL vector series
  • pDUAL2 vector series
  • pREP vector series

Expression Vector Backbone of S. pombeをご覧ください。


DATA SHEET

Schizosaccharomyces pombe ORFeome clones
Clone information

Entry clones
Vector pDONR201 (Kanr), if not specified individually
Insert PCR amplification of GENOMIC DNA of the wild-type strain JY3
Amplified with
5′-G GGG ACA AGT TTG TAC AAA AAA GCA GGC TCT CAT ATG-(template specific sequence)-3′ and
5′-GGG GAC CAC TTT GTA CAA GAA AGC TGG GTA-(template specific sequence)-3′
as primers.
Host DH5alpha, E. coli
FLAG2-His6-tagged ORFs
Vector pDUAL-FFH1c (Ampr), if not specified individually
Insert Corresponding gene was cloned from the entry clone to pDUAL-FFH1c (RDB06142) using the Gateway technology.
Host DH5alpha, E. coli
YFH-tagged ORFs
Vector pDUAL-YFH1c (Ampr), if not specified individually
Insert Corresponding gene was cloned from the entry clone to pDUAL-YFH1c (RDB06151) using the Gateway technology.
Host DH5alpha, E. coli

Reference

  • Matsuyama A., Arai R., Yashiroda Y., Shirai A., Kamata A., Sekido S., Kobayashi Y., Hashimoto A., Hamamoto M., Horaoka Y., Horinouchi S., Yoshida M. (2006) ORFeome cloning and global analysis of protein localization in the fission yeast Schizosaccharomyces pombe. Nature Biotech., 24, 841-847.[link]
  • A dataset including the cloning status of the ORFeome entry clones, protein expression levels, and localizome data is available. Please obtain “Supplementary Table 6” of Nat. Biotechnol. 24 (7): 841-847 (2006).
  • ORFeome_Localizome_data.csv (1.2 MB; 2007.07.02), provided by the depositor of S. pombe ORFeome Clone.

Related Information

  • Bauer F, Matsuyama A, Candiracci J, Dieu M, Scheliga J, Wolf DA, Yoshida M, Hermand D. (2012) Translational control of cell division by elongator. Cell Rep. 1 (5): 424-433.
  • Bauer F, Matsuyama A, Yoshida M, Hermand D. (2012) Determining proteome-wide expression levels using reverse protein arrays in fission yeast. Nat. Protoc. 7 (10): 1830-1835.

(GRP0054j 2006.06.05 T.M.)

2019.03.28