レンチウイルスベクター

Lentivirus Vector [in English]

Lentivirus Vector


レンチウイルスベクターの提供申込み

故三好浩之博士により開発されたレンチウイルスベクターは、理研バイオリソース研究センター遺伝子材料開発室より提供しています。非営利機関の非営利学術研究に限って提供いたします。営利機関および非営利機関による営利目的研究には提供いたしません。
 
1. 提供依頼の手続き

  • ご希望のプラスミドをプラスミドリスト[link]より選び、メール (dna_sec.brc@riken.jp)でお知らせ下さい。
  • 各プラスミドのData sheet(プラスミドリストからリンク)に表示されるファイルをダウンロードしてお使い下さい。
    • 「遺伝子材料提供依頼書」 1通
    • 「生物遺伝資源提供同意書 (非営利学術目的)」2通
      • 利用にあたって遵守する条件は、各プラスミドのData sheetに記載しています。
      • 各プラスミドのData sheetにTakara Bio USA, Inc.(TBUSA社)が保有している蛍光タンパク質遺伝子専用MTAのリンクが表示される場合、専用MTAの締結が必要です。なお、提供にあたってはライセンス料相当額の一部のご負担をお願いいたします。御理解のほどお願い申し上げます。
    • 「遺伝子組換え生物の受入れ確認書」 1通
      • リソースの情報が不明の場合は、ご希望のレンチウイルスベクターの名称(リソース名)をメールでお知らせ頂き、お問い合わせ下さい。
      • レンチウイルスベクターはDNA溶液としてお送りするため、遺伝子組換え生物には該当いたしませんが、利用者が適切な使用条件を満たしているかを確認するために、遺伝子組換え生物受入れ確認書のご提出をお願いしております。
    • プラスミドに蛍光タンパク質遺伝子が含まれている場合
      • プラスミドにVenus, hKO1が含まれている場合には、理研CBS・宮脇敦史先生の提供承諾書が必要です。
        提供承諾書は宮脇先生 (mta-cfds@ml.riken.jp) にお送りいただき、手続きをお願いいたします。また、その承諾書のコピー(PDF)を遺伝子材料開発室にお送り下さい。
      • プラスミドにmRFP1, mCherry等、Prof. Roger Tsienから供与された蛍光タンパク質遺伝子が含まれている場合には、UCSDと利用者の間でMTAを交わす必要がございます。MTAを交わしていない場合には、UCSDのProf. Tsien Lab HP Sample Requests [link]にアクセスし、MTAを取寄せて下さい。UCSDのMTAの 「Description of Material Provided」欄にはmRFP1, mCherry等使用されている蛍光タンパク質名を、「Source, if not Tsien lab」欄は寄託者の氏名を記入して下さい。記入後、UCSDの指定先に送付して下さい。同時に、送付した旨をこちらにもご連絡下さい。
      • オワンクラゲのgreen fluorescent protein (GFP)及びその変異体遺伝子が組み込まれたバイオリソース(GFPリソース)を使用される場合
        GE Healthcare Bio-Sciences社とのGFP Transfer License 締結のご案内[link]」の内容をお読み頂き、二つの書式、SCHEDULE AならびにSCHEDULE Bをダウンロードして下さい。
      • プラスミドに DsRed2、mCherry等 TBUSA社の蛍光タンパク質遺伝子が含まれている場合
        TBUSA社の蛍光タンパク質リソースの案内ページ [Link]の内容をお読み頂き、専用MTA(英語版のみ)をお使い下さい。
  • <書類の送付先>
    〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1
    理化学研究所 バイオリソース研究センター
    遺伝子材料開発室
    レンチウイルスベクター担当
    E-mail: dna_sec.brc@riken.jp

2. 提供手数料
■ 当該クローンは学術機関による学術研究(非営利学術目的利用)に限り提供可能です
提供手数料:(1本あたり)

非営利学術目的8,440円
  • 2022年2月23日現在の提供手数料です。提供手数料等は予告なく変更されることがあります。
  • 別途、リソースの送料及び箱代等が加算されます。
  • 外部機関からライセンスされている一部のバイオリソースでは、ライセンス料相当額が加算されます。「提供手数料と支払方法」をご参照ください。
  • 「非営利学術目的利用」および「営利目的利用」の区分ならびに「提供手数料」は、「提供手数料と支払方法」をご参照ください。
  • 請求書は提供依頼書に記載された「担当者」に送付いたします。特別な様式の請求書・納品書・領収書を必要とされる場合は、予めその旨をご相談いただくようお願いいたします。請求書は遺伝子材料とは別に送付いたします。
  • 提供手数料は指定の銀行口座にお振込みください。振込み手数料につきましては、依頼者負担にてお願い致します。

3.お支払について

  • 支払いについての詳細は「バイオリソースの入手 – 支払方法」をご参照下さい。
  • 提供手数料の請求は、バイオリソース研究推進室BRC受付が行います。
  • 請求書は遺伝子材料には同梱しておりません。
  • 遺伝子材料の発送後、1週間程度で発行いたしますので、指定の銀行口座にお振り込み下さい。
    *振込手数料につきましては、依頼者負担にてお願い致します。

(GRP0052j)

2022.02.23



コメントは受け付けていません。