DNA Bank Mail News 2020 Mar 05

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
RIKEN BioResource Research Center DNA Bank Mail News No. 111
[HP] https://dna.brc.riken.jp/ja/news_archives/mail
————————————————————————
◆ CONTENT ◆
1. 注目リソース
2. 新規公開リソース
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
このメールニュースは、理研BRC遺伝子材料開発室(DNA Bank)をご利用いただいた方、ならびにメールニュース配信のお申し込みをいただいた方にお送りしています。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
1. 注目リソース
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
◆ BACクローン ◆
https://dna.brc.riken.jp/DataSheet/GRP0055j#EXR0107j

理研BRC DNA Bankは、提供するマウス (C57BL/6N及びMSM/Ms系統)、ラット(F344/Stm及びLE/Stm系統)、ニホンザル、ショウジョウバエ(D. melanogasterなど5種)のBAC(バクテリア人工染色体)クローンを整備、提供しています。ご希望のBACクローンは、専用のブラウザーを用いて遺伝子名で検索でき、またゲノム領域上のクローンの位置を確認できます。

BACクローンは、遺伝子ノックアウト動物樹立用のベクターの構築、蛍光タンパク質やLacZによる遺伝子発現レポーターを導入した動物の作製などに利用されています。今回は、遺伝子の転写調節領域のクローニングに利用されているBACクローンの使用例をご紹介します。

▼ グルココルチコイドは、T細胞上のPD-1をアップレギュレートする
T細胞は、誘導的に発現するPD-1や免疫抑制剤のグルココルチコイド(GC)により活性化が抑制されることが知られています。前田らは、各種免疫抑制剤のPD-1発現への影響を調べる研究で、GCがPD-1の発現を増強することを見出しました。
さらに、PD-1の発現増強は、PD-1遺伝子上流の転写調節領域にあるGC応答配列に依存していることを明らかにしました。この研究で用いられたPD-1の転写調節領域を含むゲノムDNAは、当室のB6N BACクローン(B6Ng01-240G08)から、PCRによって増幅されたものです。

[論文、参考webサイト]
Maeda, N. et al. Glucocorticoids potentiate the inhibitory capacity of programmed cell death 1 by up-regulating its expression on T cells. J. Biol. Chem., 294 (52): 19896-19906, 2019. PMID: 31723031

▼ リソース情報
[HP] https://dna.brc.riken.jp/ja/clonesetja

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2. 新規公開リソース
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
下記の遺伝子材料が寄託され、新たに公開いたしました。皆様のご利用をお待ちしております。

◆ 寄託者: The University of Edinburgh Dr. Ian Jackson and Dr. Richard Mort
細胞周期インジケータ Fucciの改良型プローブ
Ford, MJ. et al., Dev. Cell, 47(4):509-523, 2018. PMID: 30458140
▼ クローン情報
https://rrc.nbrp.jp/references/54489

◆ 寄託者: 理研BDR翻訳構造解析研究チーム 伊藤 拓宏 先生
ヒト翻訳開始因子eIF2B発現ベクター
Kashiwagi, K. et al., Science, 364 (6439):495-499, 2019. PMID: 31048492
▼ クローン情報
https://rrc.nbrp.jp/references/58308

◆ 寄託者: 東京薬科大学生命科学部 多賀谷 光男 先生
ラットMAP1B-light chain 1発現ベクター
K Arasaki, K. et al., EMBO Rep., 19 (8). pii: e45584, 2018. PMID: 29925525
▼ クローン情報
https://rrc.nbrp.jp/references/58322

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
○ 本メールニュースの配信停止やアドレスの変更などは、DNA Bank (dna_sec.brc@riken.jp)までご連絡下さい。
○ 配信済みのメールニュースは下記のwebサイトに掲載しております。
URL: https://dna.brc.riken.jp/ja/news_archives/mail
————————————————————————
配信
理化学研究所バイオリソース研究センター
遺伝子材料開発室 (DNA Bank)
dna_sec.brc@riken.jp
[HP] https://dna.brc.riken.jp/ja/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2020.03.05.



コメントは受け付けていません。