キーワード検索

※ しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。

リソース情報

タンパク質産生・遺伝子発現用ベクター
  E. coli 利用
  T. thermophilus 利用
  S. pombe 利用
  S. cerevisiae 利用
  哺乳動物細胞発現ベクター

リサーチツール
  ゲノム編集
  蛍光タンパク質
  ルシフェラーゼリソース
  可視化リソース

クローンセット&ゲノムDNA
  Genomic clone
  cDNA clone
  Expression clone
  Libraries
  微生物株由来ゲノムDNA
  マウス系統由来ゲノムDNA

組換えウイルス
  組換えアデノウイルス
  組換えウイルス産生用シャトルベクター

Gene Set Collection
  Autophagy
  Circadian Clock
  Notch Signaling
  Sphingolipid Signaling

検索&リスト
  キーワード検索
  遺伝子の一覧表
  トピックスの一覧表
  おすすめのリソース
  Dnacondaのおすすめ
  由来生物種別リソース
  寄託者リスト

クロンテック社との、 蛍光タンパク質DsRed2とmCherryの学術利用目的の保存と提供に関するLIMITED USE LICENSE締結

BRCからのお知らせ

PubMedを活用したRIKEN BRCリソースの検索について


PubMedを活用したRIKEN BRCリソースの検索について

  • PubMedの機能は、文献検索だけではありません。PubMedの機能の一つである「LinkOut」を活用することで文献にリンクしている当開発室の遺伝子リソース、RIKEN BRCのリソース、さらには、文科省National BioResource Project (NBRP) のリソースにアクセスできます。
  • 検索文献のAbstractの後方、「LinkOut – more resources」をクリックしてください。展開リストに表示される「Reserch Matrials NBRP resources – National BioResource Project 」をクリックすると文献情報とともに、リソースカタログへのリンクが表示されます。
  • 活発なご利用をお待ちいたしております。

    PubMed_003

研究成果の情報の送付のお願い

  • 発表論文の中に研究材料の入手先を明記することは、実験結果の再現性を保証する科学的観点から極めて重要です。当センターより利用者の皆様に提供したバイオリソースを利用して得られた成果等についてご発表される際には、当センターより入手されたことの明記を是非お願いいたします。論文のAcknowledgement欄もしくはMaterials & Methods欄中に、以下の要領で記載して下さい。
    ________ (リソース名) was provided by the RIKEN BRC through the
    National Bio-Resource Project of the MEXT, Japan.
  • 当センターからのバイオリソースを利用して得られた研究成果の皆様からのご連絡をお待ちいたしております。
    筆頭著者名、論文タイトル、雑誌名、Vol、掲載ページ、発表年のみで結構です。
    メール件名を「論文送付」として、下記メールアドレスまでご連絡を下さい。
    dnabank@brc.riken.jp
  • お送り頂きました情報は、リソースカタログに記載するほか、「利用者による成果」として当開発室ならびにナショナルバイオリソースプロジェクト (NBRP) 情報公開サイトのウェブページで紹介しています。
    [遺伝子材料開発室] 
    [NBRP 情報公開サイト]
  • 当センターで整備されているバイオリソースは、科学の発展に貢献したいという尊い志から、研究者が自ら開発したバイオリソースを広く他の研究者にご利用いただけるよう寄託・譲渡されたものです。これらを用いた研究成果の公開は、バイオリソースの付随情報の充実をもたらし、バイオリソースの利用価値を向上させ、更なる利活用と発見・発明を促進する「正のサイクル」の原動力となるものです。
  • 皆様のご理解とご協力が、科学の発展、リソースの質の向上、さらに本事業の継続的運営にとって不可欠です。何卒よろしくお願いいたします。

(T.M.15.07.10)

15.07.10