キーワード検索

※ しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。

リソース情報

タンパク質産生・遺伝子発現用ベクター
  E. coli 利用
  T. thermophilus 利用
  S. pombe 利用
  S. cerevisiae 利用
  哺乳動物細胞発現ベクター

リサーチツール
  ゲノム編集
  蛍光タンパク質
  ルシフェラーゼリソース
  可視化リソース

クローンセット&ゲノムDNA
  Genomic clone
  cDNA clone
  Expression clone
  Libraries
  微生物株由来ゲノムDNA
  マウス系統由来ゲノムDNA

組換えウイルス
  組換えアデノウイルス
  組換えウイルス産生用シャトルベクター

Gene Set Collection
  Autophagy
  Circadian Clock
  Notch Signaling
  Sphingolipid Signaling

検索&リスト
  キーワード検索
  遺伝子の一覧表
  トピックスの一覧表
  おすすめのリソース
  Dnacondaのおすすめ
  由来生物種別リソース
  寄託者リスト

クロンテック社との、 蛍光タンパク質DsRed2とmCherryの学術利用目的の保存と提供に関するLIMITED USE LICENSE締結

BRCからのお知らせ

Common marmoset (Callithrix jacchus) EST Clone Set


概要

コモンマーモセット (Callithrix jacchus) ESTクローンが、公益財団法人実験動物中央研究所から寄託されました。17,232 contigに対応する約 247,000クローンが提供可能です。

RNAソース:

  • MLIライブラリー: liver
  • MSCライブラリー: brain and spinal cord
  • MSPライブラリー: spleen
  • MTEライブラリー: testis
  • MESライブラリー: embryonic stem (ES) cells

完全長cDNA合成法:
ベクターキャッピング法 (V-キャッピング法, Kato, S. et al., DNA Res. 12 (1), 53-62, 2005)

使用ベクター:

  • MLIライブラリー: pGCAP1 (Kato, S. et al., DNA Res. 12 (1), 53-62, 2005; accession no.AB191257(map))
  • MSC、MSPライブラリー: pGCAPzf3 (Tsugane, T. et al., Plant Biotechnol., 22 (2), 161-165, 2005 (map))
  • MTE、MESライブラリー: pGCAP10 (Oshikawa, M. et al., DNA Res. 15 (3), 123-136, 2008; accession no.AB371573(map))

References:
これらのコモンマーモセットESTクローンの開発と解析の研究成果は、下記論文で発表されています。

  1. Tatsumoto, S., Adati, N., Tohtoki, Y., Sakaki, Y., Boroviak, T., Habu, S., Okano, H., Suemizu, H., Sasaki, E., Satake, M. Development and Characterization of cDNA Resources for the Common Marmoset: One of the Experimental Primate Models. DNA Res. 20 (3): 255-262, 2013. PMID: 23543116

提供形態ならびに提供申込方法

  • クローンを検索するには、UCSC Genome Informatics Groupの Marmoset Genome Browserをご利用ください。 DNA Res. 20 (3): 255-262, 2013の Web serverは、利用できなくなっております。
  • DNA(約1μg)をTEバッファーに溶解してお送りたします。
  • 提供前にインサート末端配列によりクローンの同一性を確認をします。発送まで2週間のお時間を頂きます。ご了承下さい。

生物遺伝資源提供依頼書類の入手と記入

次の書式に記入してください:

  • 書式C
    • 遺伝子材料名欄に「Common marmoset ESTクローン(別紙書式A参照)」を記入
    • カタログ No.欄は空欄
    • 提供制限欄には次の1点を記入
      研究成果の公表にあたって、寄託者の指定する論文(DNA Res. 20 (3): 255-262, 2013. PMID: 23543116)の引用を必要とする。

    書式C (生物遺伝資源提供同意書, 非営利学術目的用) [Word]2部
  • 書類の送付とお問い合わせ

    • 書面をカラースキャンしたPDFファイルをemailにてお送りください。
      紙面で公印またはサインが必要な場合は、後日、原本2部をご郵送ください。
      なお、手続き完了した書類は、お送りいただいた方法でお届けいたします。

    • 書類の送付先、問い合わせ先
      〒305-0074  茨城県つくば市高野台3-1-1
        理化学研究所バイオリソース研究センター
        遺伝子材料開発室
        E-mail: dnabank.brc@riken.jp
        TEL: 029-836-3612 (平日の9:00~12:00 / 13:00~17:00)
        FAX: 029-836-9120

    • 提供申込の前に、「申込書類の記入と送付」「ご利用にあたって」「遺伝子材料の品質管理」をご覧ください。

    • 書式の詳細は「申込みに必要な書式」をご覧ください。

提供手数料:(1本あたり)

非営利学術目的8,440円
  • 別途、リソースの送料及び箱代等が加算されます。
  • 提供手数料は非営利学術目的利用と営利目的利用で異なります。「非営利学術目的利用」および「営利目的利用」の区分ならびに「提供手数料」は、「提供手数料一覧」をご参照ください。
  • 請求書は遺伝子材料発送とは別に送付いたしますので、指定の銀行口座にお振込みください。 特別な様式の請求書・納品書・領収書を必要とされる場合は、申込の際にその様式の書類を必ず同封して申込みください。 振込み手数料につきましては、依頼者負担にてお願い致します。
  • 2019年10月1日から提供手数料を改定しました [link]

 

(2015.06.05)
2017.06.15