キーワード検索

 Keywords  
※ しぼり込み検索をする場合は、スペース(半角空白文字)で区切って単語を入力して下さい。

リソース情報

クロンテック社との、 蛍光タンパク質DsRed2とmCherryの学術利用目的の保存と提供に関するLIMITED USE LICENSE締結

遺伝子発現用・タンパク質産生用クローン&ベクター
  Promoter collection
  Epitope tag fusion clones
  SEREX cDNA クローン
  HLA antigen cDNA clone
  Nakamura & White RFLP clone

遺伝子解析のためのリソース
  培養微生物
  哺乳動物培養細胞
  実験動物個体
  試験管内実験

クローンセット&関連リソース
  Genomic clone
  cDNA clone
  Expression clone
  Libraries
  Others

生物種別リソース
  ヒト、マウス、ラット等哺乳動物
  ツメガエル、ホヤ等その他動物
  酵母・糸状菌
  微生物
  植物

組換えウイルス
  組換えアデノウイルス
  組換えウイルス産生用シャトルベクター

ゲノムDNA
  微生物株由来ゲノムDNA
  マウス系統由来ゲノムDNA

クローン検索
  キーワード検索
  寄託者リスト
  Gene Set Collection

BRCマウスゲノムDNA


理研バイオリソースセンター(BRC)遺伝子材料開発室ならびに理研BRC実験動物開発室では、BRCに維持されているマウス系統由来ゲノムDNAを提供しています。これからも、皆様からのご意見を取り入れ、提供対象リソース数を徐々に増やしていく予定です。
ご利用可能なゲノムDNAのリストはこちらをご覧ください。

成果論文

  • Nurnberger, C., Zimmermann, V., Gerhardt, M., Staeheli, P. Influenza virus susceptibility of wild-derived CAST/EiJ mice results from two amino acid changes in the MX1 restriction factor. J Virol. 2016 Sep 21. pii: JVI.01213-16. PMID 27654285.
  • Bamunusinghe, D., Naghashfar, Z., Buckler-White, A., Plishka, R., Baliji, S., Liu, Q., Kassner, J., Oler, A.J., Hartley, J., Kozak, C.A. Sequence Diversity, Intersubgroup Relationships, and Origins of the Mouse Leukemia Gammaretroviruses of Laboratory and Wild Mice. J. Virol. 90 (8): 4186-4198 (2016). PMID 26865715.
  • Cojocari, D., Vellanki, R.N., Sit, B., Uehling, D., Koritzinsky, M., Wouters, B.G. New small molecule inhibitors of UPR activation demonstrate that PERK, but not IRE1 alpha signaling is essential for promoting adaptation and survival to hypoxia. Radiother Oncol., pii: S0167-8140 (13) 00280-6 (2013). PMID 23830192.
  • Bamunusinghe, D., Liu, Q., Lu, X., Oler, A., Kozak, C.A. Endogenous gammaretrovirus acquisition in Mus musculus subspecies carrying functional variants of the XPR1 virus receptor. J. Virol. 87 (17): 9845-9855 (2013). PIMD 23824809.
  • Takada, T., Ebata, T., Noguchi, H., Keane, T.M., Adams, D.J., Narita, T., Shin-I, T., Fujisawa, H., Toyoda, A., Abe, K., Obata, Y., Sakaki, Y. Moriwaki, K., Fujiyama, A., Kohara, Y., Shiroishi, T., The ancestor of extant Japanese fancy mice contributed to the mosaic genomes of classical inbred strains. Genome Res., 23 (8): 1329-1338 (2013). PMID 23604024.

使用上の注意

理研BRC実験動物開発室より受け取ったマウスより抽出したゲノムDNAです。
提供単位は、ロット毎に異なっております。ご了承下さい。


書類の入手と記入

次の書式に記入してください:

  • 書式A
    1. 書式AのRestriction欄は空欄のままとして下さい。

    書式A (遺伝子材料提供依頼書) [PDF] [Word]1部
  • 書式C
    1. 書式C の提供制限欄には元にしたマウス系統の提供制限を記入していただくようお願い申し上げます。指定がない場合は
      「本件リソースを使用して研究成果を発表する場合、理研BRCから提供されたことを明示する」
      と記入していただくようお願い申し上げます。

    書式C (生物遺伝資源提供同意書, MTA) PDF
    [学術機関用] [営利機関用]
    2部
  • 書類の送付とお問い合わせ

    • 書面をカラースキャンしたPDFファイルをemailにてお送りください。
      紙面で公印またはサインが必要な場合は、後日、原本2部をご郵送ください。
      なお、手続き完了した書類は、お送りいただいた方法でお届けいたします。

    • 書類の送付先、問い合わせ先
      〒305-0074  茨城県つくば市高野台3-1-1
        理化学研究所バイオリソースセンター
        遺伝子材料開発室
        E-mail: dnabank.brc@riken.jp
        TEL: 029-836-3612 (平日の9:00~12:00 / 13:00~17:00)
        FAX: 029-836-9120

    • 提供申込の前に、「申込書類の記入と送付」「ご利用にあたって」「遺伝子材料の品質管理」をご覧ください。

    • 書式の詳細は「こちら」をご覧ください。


マウスゲノムDNAの発送

マウスゲノムDNAは原則としてTEバッファー溶液をドライアイス梱包でお送りいたします。


請求書の発行と支払いについて

提供手数料は学術研究機関と学術研究機関以外で異なります。「学術研究機関」および「学術研究機関以外」の区分ならびに「提供手数料」は、下記アドレスのページをご参照ください。
http://ja.brc.riken.jp/index.shtml#consulting

マウスゲノムDNA発送後に請求書をお送りいたしますので、それに従ってお支払い下さい。


問い合わせ先

[マウスゲノムDNAに関する問合せ]

〒305-0074  茨城県つくば市高野台3-1-1
  理化学研究所バイオリソースセンター
  遺伝子材料開発室
  E-mail: dnabank.brc@riken.jp
  TEL: 029-836-3612 (平日の9:00~12:00 / 13:00~17:00)
  FAX: 029-836-9120

[マウス系統に関する問合せ]

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1
  理化学研究所バイオリソースセンター
  実験動物開発室
  FAX: 029-836-9010
  E-mail: animal@brc.riken.jp

[支払いについての問合せ]

〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-1-1
  理化学研究所バイオリソース推進室
  BRC受付
  TEL:029-836-9184
  FAX:029-836-9182
  Email:brc-front@brc.riken.jp

(2015.04.07)
2016.09.30